虚白ノ夢

虚白ノ夢
虚白ノ夢イラスト描いたよ!と最近のニコ生事情について。

マグマさんがニコ生で実況してたホラーゲーム「虚白ノ夢」(こはくのゆめ、作者カナヲさん)を
タイムシフト聞いただけの私が大層お気に入りまして。連日、いろんな人の虚白実況を聞いてました。

虚白の物語・内容についての理解が深まったのはもちろんのこと、
ニコ生ってやっぱいろんなスタンスの方がいるってことを、いまさらなんだかすごい実感しました。

今まではフリーゲーム、ホラーゲームの配信はいまいち興味が無かったのよね。
知らん人x知らんゲームの実況見てもなぁ、っていう。
で、今回マグマさんのおかげで虚白を知れたので、
虚白の実況なら知らん人x知ってるゲームになって面白くなった。
そこから、あんがい知らない人の配信も面白いんだな。を覚えて、
徐々に知らん人x知らんゲームでも抵抗なくなってきたかも。
そんな自己分析。
まあネタバレの塊だから、自分で遊びたいゲームは見ないほうがいいんだけども。


ここ数週間の実況で、覚えてるだけで
・従姉弟の二人で仲良くフリーゲーム実況してて弟くんが姉に逆らえない様子がかわいかった実況
・手馴れてて、色んな人が驚くシーンで「そういうのはよくないなー」で驚かず流すホラゲ慣れしてる方の実況
・とにかくビビりまくりながらも、なんだかんだでカンが鋭くて即死トラップ回避しまくる方の実況
・やっぱ2Dのツクールより3Dゲームのほうが怖いな!っていうむしろその発言の方が敵作って怖いよって言いたくなる実況
・大勢のリスナーがいてネタバレ情報も煽りもぽんぽん飛んでくる実況
・開始30分は独自のOPソング歌ったりリスナー相手との雑談でつぶすという謎の大物実況


ということで、そういう発見や出会いが面白い!実況って面白い!っていうイメージが私に染みつきまして。
いつしか、ホラーゲーム「虚白ノ夢」への恐怖心がなくなってたんです。

そもそも、マグマさんのタイムシフト聞いた時点で、
あーそこで驚きトラップがあるんだなwwマグマさんかわいそうにwwこれはびびるわwwwwっていう。
笑い話に出来るレベルで脅かし要素を把握してました。

で、ですよ。
こんだけファンになったんだから、そろそろ虚白の絵を描こうかなって。思ったんです。

何を?

まさかエンディング周りの感動シーンを描くわけにはいかない。
ネタバレになる要素、なりそうな要素も描きたくない。

雰囲気を描きたい。
ところが、いつも作業しながら耳だけで聞いてる私は、絵的な空気はちら見しかしてなかったんです。

じゃあ、つかむために、プレイ、しちゃおうかな?

以下、序盤スクショあり (ネタバレ未満のOP紹介程度)
nss1146.jpg
冒頭のシーン。
舞台は鏡の世界、ということで鏡がキーアイテムになります。

何度も書きます。
ゲームの流れは散々実況で聞いて頭に入っているんです。
その後の謎解きも、間違えず、一切詰まらずにスイスイ解く。間違ったら死ぬもん。怖いもん。

あ、これイケるんじゃね?やっぱりそんなに怖くないんじゃね??

nss1147.jpg
一つ目のエリアを無事クリアしてイベントシーンへ。はやいはやい。
あーみたみた。主人公ちゃんとイケメンくんの出会い。

知ってます。知ってます。
今どきの実況って、セリフちゃんと読んでくれるからね。
この後、何すればいいのかも知ってるよ。

nss1149.jpg
無事、イベントシーンを終える。終わりを告げる。

虚白ノ夢は「緑ノ間」「美ノ間」などいくつかマップが分かれてるのが特徴的なんです。
こういうのってホラーでは珍しいのかな?
いや、でも、私そもそも学校系ホラーしかやってないから経験薄すぎるだけかな?
などと考えながら。

戻って、次の間に行こうとしました。


nss1150.jpg
拾った鍵で、赤い扉を開けるんだよね。
知ってるよ。順序だって覚えてるよ。

nss1151.jpg
さっさと次いこ、次。


こんなとこもう、さっさとおさらば

nss1148.jpg
ああああああああああああああああ

ほんっとくだらない、ほんっとなんでもない
ただのツクールXPの木(※素材で描いたことある)のはずなんですが
私の中のやっぱり怖かったゲージがMAXだったようで、声に出してビビりました。

私の虚白ノ夢はここで終わりを告げました。

だってさ!
「全部わかる」に、"わからない不意打ちがたまに来る"という条件が付いたら、
それ結局怖いに決まってるだろ!!!

もう、ミシロちゃんの絵、かこ・・・ で描いたのが↑記事一番上の絵です。
ええ。冒頭のシーンです。


以上、虚白ノ夢実況日記でした。

これ見てる方、虚白ノ夢はもうプレイしたよ!っていう方とかいるのかな?

よかったら手をあげてください^^

”鋼鉄の心臓の持ち主”の称号を贈与するとともに
そいつの「怖くない」は今後一生信じないから
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する