とりあかさんのデザインのルーツ その3

とりあかさんのデザインのルーツ その3。

●高校時代
●印刷屋A時代

●印刷屋B時代-前半-


あらすじ
印刷屋B爆発しろ って心底思ってる中に新しいお仕事がまわってきました

●印刷屋B時代-後半-

●「ファッション系の小規模店舗のチラシ」と「大規模スーパーの端物」。
食品チラシ・パチ屋チラシと何が違うんだって思われそうですが。
他の部署からヘルプでした。
うろ覚えだけど、私がいたトコはバイトの塊で、とにかく数をこなすのがメインで、デザイン力はあまりいらないとこでした。
パチンコチラシってああみえて「迫力あればなんでもOK、間違いあっても誰も見てないわ」ぐらい荒いので
デザインとしては案外簡単だったりします。

・ファッション系の小規模店舗のチラシ
制作班の中で一番頼られてる、できるデザイナー(男性)からの指示でした。
めっちゃ指示書丁寧。文字綺麗。しかもかっこいい。しかもかっこいい。(二回目)

パチンコチラシの時も最初たくさん教わったけど
それとはまた方向が違う、センス面での指示をもらえて、うおお・・・・ってなってました。
なんか空気的に、印刷屋Aの女性上司と同じを感じて。うおお・・・・って。

印刷屋Bで唯一デザイン力が異次元すぎてかなわねぇ・・・って思ったのがその男性デザイナーさんでした。
超かっこよかった。

ただね、その人の指示(というか好み)に慣れてきたころになると
「おっけー 完璧ー 校正だしてきて」っていう初校OKもらえたことがあって
すげー軽い言葉なんだけど。あれはもう。ほんとうれしかった。

・大規模スーパーの端物
大規模スーパーの仕事は一つの部署が全て管轄してて(ものがおおいので)
それまで一切関わりなかったのですが、なぜかその時は頼られました。

端物。
販促系の小物です。
nss1129.jpg
こういうのをのせた帯を50個ぐらい描けって言われて。
超楽しかった。

一応補足しておくと、
あくまでレイアウトがメインのお仕事なので、イラストの描き方は教わってないです。
趣味絵やツクール素材で私が独学で覚えたことを実践しただけ。

そもそもデザイナーのお仕事って、
スキルあったらじゃあそのスキルに合った仕事を回すね、っていう職場なので(少なくとも私が就いたところは。)
私の場合はイラストとデザイン仕事、ちょっぴりwebできたからそれを武器にしてやってきたけど
出来る人はアナログ絵描いて背景に使ってたし
日常で「お、これ使えそう」で壁の模様を写真撮ってテクスチャ使用してる人いたし
変わったスキルでは、
おばちゃんのデザイナーが食品チラシ担当することでおばちゃん達の好み(旬)をついた紙面作ったり。
私も、そういうあれでパチンコチラシ作るんだからルール知らなきゃな・・・で当時散財して体験してました。

●その他もろもろ
あとはB全(B4の8倍)のチラシをがんばったりとか

個人店チラシのデザインアイデアだして、っていわれて
写真で魅せる本命案2つと、変わったアイデアとして自作イラストで魅せる変わった案※の3案を出したら
イラスト採用されて手間的に墓穴掘った事件とか
※いわゆる捨て案、当社はこんなこともできるんすよアピール。本命・次点・変わった案が黄金比率だと思ってる

上司の案+私の案でクライアントに選ばせて勝ち取った事件とか

とりあか君が残業二番目におおいよw ははw (一番は社内で倒れた)事件とか

新たに来た派遣のデザイナーがクリエイターズマーケット(デザフェスみたいなのの名古屋版)常連で、
貴方イラストのプロじゃん!!なんで後輩なんだよ!!!!→レイアウトは苦手だった→ふふん、教えたるわ(優越感)
状況だったりとか

いろいろありました。

いろいろ来ても、小さい印刷屋A出身だったこともあってすぐ理解・幅広く対応できた。

そういうの、楽しいんだよ。
一個一個は、ほんと、楽しかったんだけど。



全部パチンコ&食品チラシと並行でした。
つまり作業量へってない。追加だけ。
ほんと鬼畜。ほんと鬼畜。

印象に残ってるというか、特に根に持ってるのがいつだったかの年末で
正月1・2・3日にパチ屋チラシ毎日出すんだけど印刷の都合で今日中に全部デザインして^^ってやつで
おい!!!って思いながら「全部似たような案だったら私が納得いかんなー」「てがき文字いれてそれっぽくしてやろ」などと
職業病みたいなやつでサボれず、全部全力出したやつ。時間さえあれば楽しかった系
何度「最初に力加減してできない振りしとけばこうならなかったんだろなー(・ω・)」って思ったことやら。

●祝☆退職
そんなこんなで、めでたく結婚が決まって(ここの詳細は省くよ☆)
とり「(偉い人)さん、結婚で遠くに引っ越すことになりました」
偉い人「そうか それは止めるわけにはいかんな・・・」

であのブラックパレードから抜け出すことが出来ました。

つらつら書いてきたけど
こうみえてずっとバイトでした。
デザイナーは正社員もバイトもあんまり待遇かわらんよなwみたいな話を兄貴から聞いたけども
そうなんかなー・・・。

ただ他のバイトには振られないデザイン系の仕事(今回の記事のものとか)が定期的に回ってきたし、
退職直前に営業3人からそれぞれタイマン焼肉みたいなの別々で誘われたし、
バイト以上の評価はあったんだろうなーっていう感じ。


ということで印刷屋Bは、そんな感じで退職できました。
このブログ止まってた時期がここのころです。

次回は。地方でのお仕事編。

そろそろぼかしたほうがいい時期かな!!!!
たぶん次の次あたりでこのシリーズおしまい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する