スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあかさんのデザインのルーツ その1

あまりにもブログ書いてなさすぎるので内容ある文章かいておこうかなと

とりあかさんのデザインルーツの話。要するにお仕事話。

というのも最近、前に座ってる先輩様が新卒の子に口頭でいろいろ教えてるのを見て、
ああ、あったなぁ なつかしいなぁ たのしそうだなぁ 仕事さぼってまざりたいなぁとかモヤモヤおもってたので
発散しようかなって。

時系列!

●高校時代
nss1127.jpg

兄貴のmac使ってキャラ絵ばっか描いてました。
クラスメイトはもちろん、恥ずかしげもなくセンセーに見せてた。ら。
美術の先生が「この能力は活かさなきゃもったいない!おいこういう仕事どうだ!」って
教えてくれた職場に就きました。卒業2か月前から。

美術の先生から
「こういう小さな広告でも、枠組みのルールがあるんだぞ ほら、これ長方形になってるだろ」
みたいなことを車内で聞いてたけど、当時全く意味わかりませんでした。なるほど。って適当にいってた。

●小さい印刷屋に就く
仮に印刷屋A。小さいところです。
商品はDM、冠婚葬祭系のアルバムレイアウト・製本、パンフレット、卒業アルバム他。
いろいろ教わってたら、卒業アルバムにのる自分の顔写真を自分で編集する事に。

今思えば、めっちゃ丁寧に教わりました。イチから。

・DM
DM、いわゆるハガキなわけですが、
モノクロで定期的な展示会開催告知を"いい感じに"並べて出力する人に回すだけの簡単なお仕事。
でもそこはもう新卒というか高校上がったばかりの私には全然できてなかったみたいで
女性の上司に一個ずつ指摘してもらってちょこちょこ覚えました。

色んな職場ついてじわじわ理解できてきたけどこの上司のレベルおかしいです。憧れ。

・ウェディングアルバム、亡くなった方のアルバム
二十歳未満で婚はともかく葬を意識するのはマジで滅入ったけどそれはそれ。
ついにカラーです。しかも写真屋からの依頼

最初は言われた通り、決まったテンプレに写真を入れてレイアウトするだけだったけど
徐々に任される範囲が広くなり、
デザインはもちろん出力・ラミ加工・なぜか製本まで任されたりして最終的にはひとりでこなせるようになりました。
デザイン面の力もついたけど、仕事の流れを把握できた感じがおいしかった。
印刷屋Aで一番長く付き合ったのがウェディングアルバムで、
せっかく流れを把握できたんだからいかに効率よく回すか、を自分なりにつきつめて
photoshopアクション作ったり、テンプレートを追加したり、
レイヤー効果を我流で覚えてテンプレにして使いまわしたりとかしてました。
一冊(24Pぐらい)10分で仕上げてた。

順番前後しちゃうけど1,2年?ぐらいしたら出力&色補正も教わりました。CMYK。
現実よりちょっと色変えたほうがいいとかそういうのも含めて。

・端物・求人誌・他
途中辺りから求人誌の立ち上げに携わったりしたけど、あんまり記憶にないなー。
確か凄腕プログラマーみたいな人がデザイナー(私)が入力しなくても済むシステム作ってくれて、
こちらは終始並べるだけだったから流れ作業だったかな。
営業やってくれてる他社(要するにウチは下請け)に三日間顔見せ&偵察に飛ばされたりしたけど
あまりにも仕事が楽というか暇で、職業系イラスト素材30体ぐらい手が空いたときに描いておいてきました。


あとの端物は手伝いぐらいかなぁー。
パチ屋パンフとか携帯屋の雑誌とかも局所的にはやったけどあんまりデザインらしいことしてないかも。

途中、アーティストのパンフレットの仕事がきて、例の女性上司がメインで進めてた。
当時はすごいすなぁ。程度だったけど、今思えばあれレベル高すぎた。
パンフレット一冊まるまるデザイン。各メンバーの名前をロゴ化。
写真撮りなおせよ!レベルの半端ない写真加工。
あのパンフ作れっていわれたら今の私でも作れない気がする。思い出補正かしら。



とりあえず序盤はこんな感じかなー。
とにかくいろんなことを覚えて、それを趣味でツクール素材に利用してました。

そんな感じで仕事に趣味にと切磋琢磨してたわけですが
5年ぐらい就いて、まあ会社の業績云々の都合で、
偉い人同士繋がりある他社を紹介されてそっちで働くことになったのです。

その後、地獄が待ち受けてるわけですが。そこは。次回。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。