スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎度おなじみ過去ゲー語り

ギンガファンタジーVIII
短編だらけのとりあかゲームの中で、
唯一シナリオあり(むちゃくちゃだけど)の戦闘有りRPGでして。
それなりに時間がかかるので敬遠しがちだったのを
最近またプレイしました。やっぱ楽しいです。

※ナンシーとかECOゲー、トアル村あたりは定期的にセルフプレイして浸ってます!!

nss0196.jpg
(サムネなのにでかくなっちゃった)
サブキャラ達がコテコテのセリフ+主人公の"閃光のジャスティ"が意味不明なセリフを吐いて
それぞれかみあってないままシナリオが進むことが個人的にツボなんだけど
意味不明すぎて通じないかもなーっていう不安があったりする

nss0197.jpg
で、このシーンですよ
コテコテを表現したいがために、
たぶん初めてひどい目にあってるシーン・悲しいシーンを作りました
製作中は相当小恥ずかしかったんだけど
今見ると普通に演出しっかりしてて、よくやったなーっていう

私、普段は頭が平和でお気楽なゲームが大好物なんだけど、
だからこそいつも主人公の目的が曖昧というか、義務感が薄く、
そのせいでシナリオを進行させづらくてRPG制作が苦手なのかな?って思ったりしました

昔、相方のエルが「死は強い動機になる」的なことを語ってた気がするけど
たぶんそれに近い感じなんだろーなー
死、まではいかないにしろ、
主人公に義務感を持たせて広い世界を長く冒険させるには
どこかで悲しい事件を起こして決意させることが必要なのかも
ネタでもいいからいつもと違うジャンルに挑戦する、ってのは
何かしら発見ができるからいろいろと力になる気がする
「恥ずかしい!」「自分はこういうゲームしか作る気ないから!」で
やったことないジャンルを封印するのはもったいないと思うなー。

ちなみに恋愛イチャイチャはECOゲーで体験しました!あれはあれで凄い恥ずかしかった
ギンガファンタジー、そういえば攻略欲しい!っていうのを見たことがあって
結局攻略作ってないんだけどまだいるのかな?w

中盤までヒーリングでごり押しできて、
途中のEXPx2アクセを全員装備
最終ダンジョンは適当にモノを売って資金作って、
ドア内の店・悠久の層の武器屋・最初の町あたりで装備整え、
あまったお金でMP水いっぱい購入したらいけるんじゃないかなー

最終のワープドアは到達時点では普通負ける気がする・・・
最上階まで到達+エンカウントソーサー(笑)手に入れて
帰宅~回復とかめんどいことをいちいちしたら安定しそう

ああ、あと戦闘面は精神が魔法防御に結構影響してるみたいなので(デフォで)
精神UPステがかなり便利だった気がする
そのせいで銃(精神大幅ダウン)は結構ハズレアイテムになってた


ぶっちゃけEXPx2の装備って
能力マイナスにでもしないかぎりバランスブレイカーな気がする
現状でも他の装備と比べて能力低いはずなのにレベルアップによるプラスのほうが大きすぎるわー
意外と攻略要素あったのね・・・
アイテムはほとんど把握してないので抜け道あるかもしんない
とりあえず蓮の葉が消費無し+スタンでみんなで投げると鬼アイテムだった
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。