スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休開始

昔も今も、私は自分の絵を「適当な絵」と評価されようものなら怒るより前にスルーします。
この人は表面しか見てないんだなぁって受け取るから。
うまいかへたかは置いといて。
ちなみに一見さんにはよく言われます。最近だとlivetubeで。

とはいえ。とはいえですよ。
先日、黒歴史絵公開したんだけど
もしかしたら今と大して変わらないように映るかもしれない、と思った。
やってること一緒なんだもの。

私としてはやってることは同じだけど、意味が違うというか。
前はそれっぽいポーズでかっこつけさせてるだけでした。
立ち絵練習としては最適だったのかもしれない。

まあ、とにかく、似てても、私にとっては全然違うんだよ。
えーだってあれもうみてらんない・・・

うーん何かいてるのかよくわからないまま次へ
サンデーで連載してる「ケンイチ」っていうバトルマンガには
"達人クラス"と呼ばれる基本的に無敵なレベルのキャラが数人出てきます。

あるとき、達人vs達人の戦いがあって、お互いが無敵でした。
で、片方が相手の技を真似るんだよ。
「達人だからといって上がないわけではない。」
「達人こそ上達のスキを見逃さないものだ。」

アレはしびれました。
絵もデザインも格ゲーも
上に行くほど、そうなるんだろうなぁ。ああかっこいい。

さりげなく格ゲーを同格に扱った。
もちろん台詞はうろおぼえ。意味を覚えればいいんだよ。
最近○○vs○○○○vx○○と打ってしまうクセがあるんですが一種の催眠効果というやつでしょうか
いきなり生活日記にうつるけど。

東儀秀樹のコンサートに行ってまいりました。
ゲストはヴァイオリンの古澤さん。

090916_185919.jpg
キーチャームとやらを記念に買いました。
東儀秀樹のコンサートにいってヴァイオリンだけ買って帰るという体たらく。

後輩「どの曲がよかったです?」
とり「古澤さんのチャールダーシュ。」
後輩「ですよね 僕も古澤さんの~が」


東儀さんは
ギター抱えながら
篳篥吹きながら
ラップ歌ってる
とか半ばネタなんじゃないかっていう暴れ具合で
そういう意味でおもしろかったです

次も期待してるから東儀さんもがんばって!!
さてツクるかー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。