FC2ブログ

寝起きに書くツクツク日記

ss001898.jpg
これ密室殺人だ・・・
いや、15時頃に目だけは覚めたんです
猫が足に当たったから。

で、猫をふところにジェスチャーで呼んだらなんと自分から入ってきたので、
そりゃ続けて寝るに決まってるじゃないですか。
で、次起きた時が23時でした。

夢はね。
まわりの家が何かの災害で壊れて、野良の黒猫を連れて
急に火山ができたり、そこを荒らす北斗のザコみたいなヤツらが次々と現れるので。
必死で生き延びてました。

間違いなく最近読んだドラゴンヘッドが影響してます(^0^)
野良猫と一緒に行動してたので、目が覚めて猫が間近くにいると、こう、ね。
そりゃ続けて寝るに決まってるじゃないですか。
例のコモンイベントで乗り物を作ろうコーナー。
ss001899.jpg

正直コモンとか触る気にならん・使い道わからん人にオススメ。
寝起きで何もしてないので実際作りながら書くことにする。
●じゃあまず画像を用意しましょう(ここに一番時間がかかる)
すでにあるホウキにのった師匠を流用。

●乗り物に乗った時の利点を考える。
アイテム「魔法のホウキ」を使ったら乗る
諸事情により砂漠でしか乗れないようにする
降りる時は決定ボタンかキャンセルボタン
ダッシュ可能
ちょっと早い
エンカウント無し
メニューも開けない(開けると何かとめんどそうなので)
通行可能設定も変更すると大変そうなので普通のまま

●乗りイベントの作成
起動イベント。
アイテムとして作ります。
ss001901.jpg
・消耗は「しない」
・使用可能場所は「メニューのみ」
・値段は0のまま(値段つけるとお店に売れちゃう)
・コモンイベントに魔法のホウキとでもつけておく

●コモンイベントの作成
ココがメインです。
コモンイベントとして「魔法のホウキ使用時」とでもタイトルをつけて、
↑の利点を再現するようにすべて入力。

難しい部分をのぞけばこうです
ss001902.jpg
ノリでBGM変更とジャンプも加えました

で、これに「砂漠でしか乗れない」指示を追加します。
条件分岐に「今いるマップ」という項目はないので、砂漠(マップ)の判断に「マップID」使用します。
エディタの左下、マップ名を右クリック、マップの設定を開く。
ss001903.jpg
ss001904.jpg

と、次に出るウィンドウの左上に小さく「マップID:059」とあるのがわかります。
っていうかスイマセン。
この動作を毎回するのが面倒でマップ名に自分で打ってるから紛らわしいかも。

「マップIDが59だった場合はホウキに乗る、それ以外は乗れない」ように条件分岐を組みます。
自分のゲームは変数004に「汎用」と名づけて判断に使ってるので変数は4を使います。
変数004にマップIDを代入
変数004は059かどうか?
059ならさっきのイベントコマンドの実行
他の数字だったら「乗れないよ!」というメッセージを表示する


このコモンイベントをさっきのアイテムで起動するように設定し、
この時点でとりあえず動作テストをします。第一次ニヤニヤテスト。

足踏みONにするのを素で忘れてたので追加しておきました。
ついでにジャンプ直前に効果音も入れました。

●降りイベントを作る
まず「乗っているかどうか」を判断できるように、
乗った時は「乗ってるよスイッチ」をONにするようにします。

で、降りイベントは別のコモンで判定します。
条件スイッチは「乗ってるよスイッチ」にして、トリガーは並列処理。
何回かテストした結果、決定ボタンはC、キャンセルはBということがわかったので
条件分岐の「押されてる場合」を利用、
後はさっきの逆の指示を戻すようにコマンド入れるだけです。
こうなりました。
ss001910.jpg
上と下の指示は一緒です。BGMのさとしは借りました。

ちなみにこれ、人と会話しようとしてボタン押しても解除されてしまうので
テコ入れした方がいいかもね。
せっかくスイッチを使ってるんだから、「ホウキにのってるときは話せない」にすればいいです。
自分の場合は人はいないけど場所移動イベントがあるので、場所移動できないようにしました。



ということで以上です。
最後だけやたらと早足説明にみえるけど、
先にやった事を戻すだけなので長々と説明しなくていいよね。

ちなみにメニューが開けるようにすると、
条件分岐に「ホウキに乗ってる時に使用した場合」が増えます。
降り条件を「アイテム使用」にする場合に良いけど、降りるためにメニュー開くのはめんどい、かな?
乗る時にメニュー開くのも多少めんどいけどしょうがないので、アイテム欄の一番上にくるようにして対処。
じゃあソウルキャリバーやってくる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する