スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#ふぁぼした人のイメージを雑に3つ発表する

twitter上で
#ふぁぼした人のイメージを雑に3つ発表する
というお遊びがあったので
0828twitt_2015082803473371a.jpg 0828twitB_2015082803473159b.jpg

めっちゃ絵描いた。

※アイコンはそれぞれツイッターアイコンかりてますー
スポンサーサイト

虚白ノ夢

虚白ノ夢
虚白ノ夢イラスト描いたよ!と最近のニコ生事情について。

マグマさんがニコ生で実況してたホラーゲーム「虚白ノ夢」(こはくのゆめ、作者カナヲさん)を
タイムシフト聞いただけの私が大層お気に入りまして。連日、いろんな人の虚白実況を聞いてました。

虚白の物語・内容についての理解が深まったのはもちろんのこと、
ニコ生ってやっぱいろんなスタンスの方がいるってことを、いまさらなんだかすごい実感しました。

今まではフリーゲーム、ホラーゲームの配信はいまいち興味が無かったのよね。
知らん人x知らんゲームの実況見てもなぁ、っていう。
で、今回マグマさんのおかげで虚白を知れたので、
虚白の実況なら知らん人x知ってるゲームになって面白くなった。
そこから、あんがい知らない人の配信も面白いんだな。を覚えて、
徐々に知らん人x知らんゲームでも抵抗なくなってきたかも。
そんな自己分析。
まあネタバレの塊だから、自分で遊びたいゲームは見ないほうがいいんだけども。


ここ数週間の実況で、覚えてるだけで
・従姉弟の二人で仲良くフリーゲーム実況してて弟くんが姉に逆らえない様子がかわいかった実況
・手馴れてて、色んな人が驚くシーンで「そういうのはよくないなー」で驚かず流すホラゲ慣れしてる方の実況
・とにかくビビりまくりながらも、なんだかんだでカンが鋭くて即死トラップ回避しまくる方の実況
・やっぱ2Dのツクールより3Dゲームのほうが怖いな!っていうむしろその発言の方が敵作って怖いよって言いたくなる実況
・大勢のリスナーがいてネタバレ情報も煽りもぽんぽん飛んでくる実況
・開始30分は独自のOPソング歌ったりリスナー相手との雑談でつぶすという謎の大物実況


ということで、そういう発見や出会いが面白い!実況って面白い!っていうイメージが私に染みつきまして。
いつしか、ホラーゲーム「虚白ノ夢」への恐怖心がなくなってたんです。

そもそも、マグマさんのタイムシフト聞いた時点で、
あーそこで驚きトラップがあるんだなwwマグマさんかわいそうにwwこれはびびるわwwwwっていう。
笑い話に出来るレベルで脅かし要素を把握してました。

で、ですよ。
こんだけファンになったんだから、そろそろ虚白の絵を描こうかなって。思ったんです。

何を?

まさかエンディング周りの感動シーンを描くわけにはいかない。
ネタバレになる要素、なりそうな要素も描きたくない。

雰囲気を描きたい。
ところが、いつも作業しながら耳だけで聞いてる私は、絵的な空気はちら見しかしてなかったんです。

じゃあ、つかむために、プレイ、しちゃおうかな?

以下、序盤スクショあり (ネタバレ未満のOP紹介程度)

風とブラウニー制作記録つけよう

nss1144.jpg
そうそう
最近になって
台風の季節になったのもあって
「風とブラウニー」の制作を再開してます。

進行度は37/54。 9月中、遅くても9月末に出したいすなー。

とりあえず今日はフードコートの一般市民いっぱいわらわら作りました。
半年ぶり?ぐらいの制作になるので どのキャラが未使用かほとんど覚えてないのですが
適当にちらしました。

ゲーム内にお金の概念は無いので、食べれないです、雰囲気&ミニイベントだけあるマップでーす。はーい。



あかん過去の制作日記どうかいてたか思い出せないテンションがわからない

とりあかさんのデザインのルーツ その4

とりあかさんのデザインのルーツ その4。
忘れたころにやるのがいい感じだと勝手におもってます。

●高校時代
●印刷屋A時代

●印刷屋B時代-前半-
●印刷屋B時代-後半-


簡単なあらすじ
結婚が決まり、修羅場の印刷屋Bを抜け出しました。


●地方でのお仕事探し編
名古屋→愛媛に飛びました。
名古屋と環境違いすぎるから、ってことで愛媛で車の免許も頑張ってとりました。

印刷屋Aで言われた言葉にこんな言葉があります。
いくらデータ化が進んでも紙の需要は不滅だ。
たしかになー。画面で見るのと紙で見るのとでは理解度が全く違うからなー。
と私も思ってました。

とり「どこにでも印刷屋ぐらいあるもんだよ。私、経験者だから働き口には困らないと思うよ。」
嫁「そうかなぁ・・・」


職安にいったところ、近くに1つ印刷屋がありました。 募集してない。
こういった技術職はやめる人すくないからねぇーとのこと。
そうなの!?前の職場下っ端がコロコロ入れ替わってたけど!?

家帰って検索かけたらデザイン屋が近所にあることを発見。
ぶっこもうかな?と思いながらHP見てたら
家族とほっこりしてる旦那さん(社長)のツイッターを見つけてしまう。
あ、これよそ者がつっこんだらいけないトコや。

結局近場はあきらめて、泣く泣く別の市を探してもらう。候補は一社
なんかもうこの時点でほとばしる就職甘く見すぎてた感。

●1社目の面接~実技テスト
免許取ったばかりの車で通勤すること1時間。

さっそくの実技テストをされることに。
とりあえずPCの環境が印象悪かった。
・フォントがやたらめったら(数百種)とにかく入ってた
・デスクトップ整理されてなかった

そんで指示。
「この写真素材を使って広告作ってみて」だけの指示。他は何もなし。
OK。チラシと一緒やんな。余裕余裕。
背景素材について説明なかったし自作してやろ。びびらせたろ。(しょっぱなやる気だしちゃう悪い癖)
前の職場でやってた技術をそのまま使えたので背景手書きにもかかわらず15分ぐらいで仕上げる。
マジでドヤ顔した。

これ確定だわ。で帰る。デンワくる。

「今人数足りてるんで不採用で^^;」
アッハイ・・・。
「あ、作ってもらった広告だけどウチはもっとこういう雰囲気だから ちょっと違う^^;」
指示なかったじゃん!って心の中で吠えつつ、
あ、これデザイン全く知らない人のダメ出しの仕方だなー。ってことで冷めた心で見送ることに。
※雰囲気云々なんて就いてから勝手に覚えるものだから、実技テストでいうものじゃないの

ちなみにその後、 「やっぱ採用したい」のデンワが3回ぐらい来たけど
心揺れる事無くきっぱり拒否したのでした。行ってたまるか。

●別の市の某広告屋に就く
職安にないからweb上で検索して、無事ふつうのとこに就きました。某広告屋。
めでたく、生まれて初めての正社員。
ゲスい話だけど実技で蹴られたところより待遇はるかにいいとこです。

仕事内容は週刊のフリーペーパーのレイアウト・デザイン(どうも愛媛県はフリーペーパーが流行ってるっぽい)。

広告は小さな枠でくくられるので、センスはほとんど必要なかったです。
(小さいので文字入れたら大体うまる、うまく入れる+α飾り付けするだけ)

週に1回、締切に追われる日があるぐらい。

他の日は定時出れる。残業ほぼなし。

週初めは仕事ほとんどない。

ラジオかけっぱで雑談しながらわずかな仕事をこなす。

暇すぎてイラスト素材適当に作り置き。

それが100体ぐらい越す。

使わないのに描いてもなー。ってことでモンスター素材(ラフモンスター)を進めたりした。

各社員の家族こみでBBQとかした。

初の正社員なのに
印刷屋Bと比べて、いや印刷屋Aと比べても
すっごいゆるい職場でした。



まあただサボってたわけでもなく
デザイナー少なくて個人個人で自分なりにやってたみたい。ということもあって
地獄のような印刷屋Bで覚えた知識をちょこちょこ伝授したり。
データ形式見る限り、改善できそうなポイントいっぱいあるなーとか。ファイルの名前の付け方とか。
例の、印刷屋Bの校正班に教わった技もそのまま教えました。
教えれば教えるほど暇になった。

そんなこんなでデザイン的には正直あんまり得るものなかったなー。とは思うけど
いま愛媛といったら、その某広告屋の人たちが思い浮かびます。
いわゆる家族づきあいみたいな空気で、印刷屋Bで沈んでた私にちょうどよかったのかな。なんて今は思います。


で、いろいろあって東京の某社に誘われて、愛媛を発つことに。
ちなみにこの時も一人からタイマン晩飯おごってもらった!

東京の某社については、
当たり前だけど、いま就いてるのでほとんど語れないけども。締めとして。
次回このルーツのお話最終回。

ニコ生までの道のり

いまでこそ、思いついた時に配信できるぐらい気軽になったけど
導入まじめんどかったので今の環境書きます。

夏だよ!マグマとりラジオ2015

夏マグマとりラジオ
先日、ニコ生で対談してきました!
のデータをがんばって加工~mp3に落とし込んだので、
よかったらきいてやってください!えいきゅうほぞんばん!

>夏だよ!マグマとりラジオ2015をダウンロード(99MBぐらい)

動画は↑うつしてただけなので音声のみ、
ニコ生なのでコメントに地味に反応してるけどあんまり影響ないはずよ!

内容は
・自作ゲーム紹介
・フリゲ展ふりかえる
・マグマ放送に迫る
・質問コーナー

全体的にぐだぐだ雑談です!!

とりあかさんのデザインのルーツ その3

とりあかさんのデザインのルーツ その3。

●高校時代
●印刷屋A時代

●印刷屋B時代-前半-


あらすじ
印刷屋B爆発しろ って心底思ってる中に新しいお仕事がまわってきました

●印刷屋B時代-後半-

●「ファッション系の小規模店舗のチラシ」と「大規模スーパーの端物」。
食品チラシ・パチ屋チラシと何が違うんだって思われそうですが。
他の部署からヘルプでした。
うろ覚えだけど、私がいたトコはバイトの塊で、とにかく数をこなすのがメインで、デザイン力はあまりいらないとこでした。
パチンコチラシってああみえて「迫力あればなんでもOK、間違いあっても誰も見てないわ」ぐらい荒いので
デザインとしては案外簡単だったりします。

・ファッション系の小規模店舗のチラシ
制作班の中で一番頼られてる、できるデザイナー(男性)からの指示でした。
めっちゃ指示書丁寧。文字綺麗。しかもかっこいい。しかもかっこいい。(二回目)

パチンコチラシの時も最初たくさん教わったけど
それとはまた方向が違う、センス面での指示をもらえて、うおお・・・・ってなってました。
なんか空気的に、印刷屋Aの女性上司と同じを感じて。うおお・・・・って。

印刷屋Bで唯一デザイン力が異次元すぎてかなわねぇ・・・って思ったのがその男性デザイナーさんでした。
超かっこよかった。

ただね、その人の指示(というか好み)に慣れてきたころになると
「おっけー 完璧ー 校正だしてきて」っていう初校OKもらえたことがあって
すげー軽い言葉なんだけど。あれはもう。ほんとうれしかった。

・大規模スーパーの端物
大規模スーパーの仕事は一つの部署が全て管轄してて(ものがおおいので)
それまで一切関わりなかったのですが、なぜかその時は頼られました。

端物。
販促系の小物です。
nss1129.jpg
こういうのをのせた帯を50個ぐらい描けって言われて。
超楽しかった。

一応補足しておくと、
あくまでレイアウトがメインのお仕事なので、イラストの描き方は教わってないです。
趣味絵やツクール素材で私が独学で覚えたことを実践しただけ。

そもそもデザイナーのお仕事って、
スキルあったらじゃあそのスキルに合った仕事を回すね、っていう職場なので(少なくとも私が就いたところは。)
私の場合はイラストとデザイン仕事、ちょっぴりwebできたからそれを武器にしてやってきたけど
出来る人はアナログ絵描いて背景に使ってたし
日常で「お、これ使えそう」で壁の模様を写真撮ってテクスチャ使用してる人いたし
変わったスキルでは、
おばちゃんのデザイナーが食品チラシ担当することでおばちゃん達の好み(旬)をついた紙面作ったり。
私も、そういうあれでパチンコチラシ作るんだからルール知らなきゃな・・・で当時散財して体験してました。

●その他もろもろ
あとはB全(B4の8倍)のチラシをがんばったりとか

個人店チラシのデザインアイデアだして、っていわれて
写真で魅せる本命案2つと、変わったアイデアとして自作イラストで魅せる変わった案※の3案を出したら
イラスト採用されて手間的に墓穴掘った事件とか
※いわゆる捨て案、当社はこんなこともできるんすよアピール。本命・次点・変わった案が黄金比率だと思ってる

上司の案+私の案でクライアントに選ばせて勝ち取った事件とか

とりあか君が残業二番目におおいよw ははw (一番は社内で倒れた)事件とか

新たに来た派遣のデザイナーがクリエイターズマーケット(デザフェスみたいなのの名古屋版)常連で、
貴方イラストのプロじゃん!!なんで後輩なんだよ!!!!→レイアウトは苦手だった→ふふん、教えたるわ(優越感)
状況だったりとか

いろいろありました。

いろいろ来ても、小さい印刷屋A出身だったこともあってすぐ理解・幅広く対応できた。

そういうの、楽しいんだよ。
一個一個は、ほんと、楽しかったんだけど。



全部パチンコ&食品チラシと並行でした。
つまり作業量へってない。追加だけ。
ほんと鬼畜。ほんと鬼畜。

印象に残ってるというか、特に根に持ってるのがいつだったかの年末で
正月1・2・3日にパチ屋チラシ毎日出すんだけど印刷の都合で今日中に全部デザインして^^ってやつで
おい!!!って思いながら「全部似たような案だったら私が納得いかんなー」「てがき文字いれてそれっぽくしてやろ」などと
職業病みたいなやつでサボれず、全部全力出したやつ。時間さえあれば楽しかった系
何度「最初に力加減してできない振りしとけばこうならなかったんだろなー(・ω・)」って思ったことやら。

●祝☆退職
そんなこんなで、めでたく結婚が決まって(ここの詳細は省くよ☆)
とり「(偉い人)さん、結婚で遠くに引っ越すことになりました」
偉い人「そうか それは止めるわけにはいかんな・・・」

であのブラックパレードから抜け出すことが出来ました。

つらつら書いてきたけど
こうみえてずっとバイトでした。
デザイナーは正社員もバイトもあんまり待遇かわらんよなwみたいな話を兄貴から聞いたけども
そうなんかなー・・・。

ただ他のバイトには振られないデザイン系の仕事(今回の記事のものとか)が定期的に回ってきたし、
退職直前に営業3人からそれぞれタイマン焼肉みたいなの別々で誘われたし、
バイト以上の評価はあったんだろうなーっていう感じ。


ということで印刷屋Bは、そんな感じで退職できました。
このブログ止まってた時期がここのころです。

次回は。地方でのお仕事編。

そろそろぼかしたほうがいい時期かな!!!!
たぶん次の次あたりでこのシリーズおしまい。

とりあかさんのデザインのルーツ その2

とりあかさんのデザインのルーツ その2。

●高校時代
●印刷屋A時代


大まかなあらすじ
印刷屋Aで仕事やデザインの基本をたくさん頑張って覚えました。
いろいろな理由で急遽とばされて大手印刷屋、仮に印刷屋Bに移動しました。

●印刷屋B時代-前半-
紹介されたのは、前と違ってかなり大規模な印刷屋でした。
印刷屋Aが少数精鋭の小さいところだったこともあり、よけいにめんくらったり。

ということで印刷屋Bのスペックは以下。
・1フロアに100人超、営業と制作と校正と画像処理で課が別れてた
・商品は食品・パチ屋などチラシ全般、パチ屋端物他


●最初は食品チラシ
画像加工して文字と画像並べてテンプレにレイアウトしてチェックして印刷に流しておしまい。という
しかも全面モノクロで、とても簡単なお仕事だったわけですが

その中でも画像加工は画像加工班が、チェックは校正班がするので
私がすることは、用意されたものを打ち込んで並べるだけのようなもんでした。
それまで素材準備から出力までずっと一人でやってただけに、やる事へってめっちゃ眠かった。

まあチェック漏れありすぎると(特に値段)校正の人たちから怒られたので、
校正班のほういって、普段どんなふうにチェックしてるんすかー。って聞きにいって
校正の仕方ぱくって結局自分でやってた。
※校正=文字チェックとか画像あってるかどうかのチェックとかのこと

●慣れてきたころ、パチンコ屋のチラシも作ることに
これめっちゃ楽しかったです。
まずロゴの作り方を教わりました。
ほとんどは過去に使ってたレイヤー効果の使い分けだったり、
有料プラグインでワンタッチだったりとすぐ覚えれた。
※この手の技術話って企業秘密と思いきや
 私的にはこんだけの文章だけでできるならやるといいよできたら儲けれるよ、ぐらいしか
 思ってなかったり


次に、画像の並べ方を教わりました。拡大縮小、扱いの強弱ね。
まずは言われたまま作って、これじゃヘイタンで退屈な紙面だなー っていわれて、
これ大きく、これ小さく、これ目立たせて、とか修正指示いただきまくって。
それを続けてチラシ3枚目にして、「よし、OKだから今後このバランスを意識してやってくれ」みたいなサインもらって
その後はOKの範囲で、自分なりに試行錯誤して早く・かっこよくor可愛く出来るよう独学で頑張りました。

そうすね、パチンコチラシもらったあたりでブラックが見えてきました。

パチ屋って週3枚とか、ほんっと大量にチラシ打つから、
一日にB3両面任されたり、同時進行で食品チラシ4面任されたりがざらで
倒れそうになりながらがんばりました。

●一気になんのためにいきてるんだろレベルに
技術的には、印刷屋Aでの経験もあって簡単でした。
というか、ちょこちょこ入ってくる新人さんらがついてこれなくてみんなすぐ辞めてった。
教える余裕がある人いないから。
そういうのもあって、なんかすげえ!って尊敬できる人が近くにいなかったし、
明確な目標目的は無かったんで
うーん なんだこれ なんだこれ ってなりながらモヤモヤしてる時期がほんっと長かった。

そんなこんなでモヤモヤのピークにまた新しい仕事が。





ここらで区切ろうかな?
毎度長いな!!長くなるな!!!ちょっと恨みつらみこめてるのを抑えつつでこれだよ!!

次回、印刷屋B時代後半につづく!

とりあかさんのデザインのルーツ その1

あまりにもブログ書いてなさすぎるので内容ある文章かいておこうかなと

とりあかさんのデザインルーツの話。要するにお仕事話。

というのも最近、前に座ってる先輩様が新卒の子に口頭でいろいろ教えてるのを見て、
ああ、あったなぁ なつかしいなぁ たのしそうだなぁ 仕事さぼってまざりたいなぁとかモヤモヤおもってたので
発散しようかなって。

時系列!

●高校時代
nss1127.jpg

兄貴のmac使ってキャラ絵ばっか描いてました。
クラスメイトはもちろん、恥ずかしげもなくセンセーに見せてた。ら。
美術の先生が「この能力は活かさなきゃもったいない!おいこういう仕事どうだ!」って
教えてくれた職場に就きました。卒業2か月前から。

美術の先生から
「こういう小さな広告でも、枠組みのルールがあるんだぞ ほら、これ長方形になってるだろ」
みたいなことを車内で聞いてたけど、当時全く意味わかりませんでした。なるほど。って適当にいってた。

●小さい印刷屋に就く
仮に印刷屋A。小さいところです。
商品はDM、冠婚葬祭系のアルバムレイアウト・製本、パンフレット、卒業アルバム他。
いろいろ教わってたら、卒業アルバムにのる自分の顔写真を自分で編集する事に。

今思えば、めっちゃ丁寧に教わりました。イチから。

・DM
DM、いわゆるハガキなわけですが、
モノクロで定期的な展示会開催告知を"いい感じに"並べて出力する人に回すだけの簡単なお仕事。
でもそこはもう新卒というか高校上がったばかりの私には全然できてなかったみたいで
女性の上司に一個ずつ指摘してもらってちょこちょこ覚えました。

色んな職場ついてじわじわ理解できてきたけどこの上司のレベルおかしいです。憧れ。

・ウェディングアルバム、亡くなった方のアルバム
二十歳未満で婚はともかく葬を意識するのはマジで滅入ったけどそれはそれ。
ついにカラーです。しかも写真屋からの依頼

最初は言われた通り、決まったテンプレに写真を入れてレイアウトするだけだったけど
徐々に任される範囲が広くなり、
デザインはもちろん出力・ラミ加工・なぜか製本まで任されたりして最終的にはひとりでこなせるようになりました。
デザイン面の力もついたけど、仕事の流れを把握できた感じがおいしかった。
印刷屋Aで一番長く付き合ったのがウェディングアルバムで、
せっかく流れを把握できたんだからいかに効率よく回すか、を自分なりにつきつめて
photoshopアクション作ったり、テンプレートを追加したり、
レイヤー効果を我流で覚えてテンプレにして使いまわしたりとかしてました。
一冊(24Pぐらい)10分で仕上げてた。

順番前後しちゃうけど1,2年?ぐらいしたら出力&色補正も教わりました。CMYK。
現実よりちょっと色変えたほうがいいとかそういうのも含めて。

・端物・求人誌・他
途中辺りから求人誌の立ち上げに携わったりしたけど、あんまり記憶にないなー。
確か凄腕プログラマーみたいな人がデザイナー(私)が入力しなくても済むシステム作ってくれて、
こちらは終始並べるだけだったから流れ作業だったかな。
営業やってくれてる他社(要するにウチは下請け)に三日間顔見せ&偵察に飛ばされたりしたけど
あまりにも仕事が楽というか暇で、職業系イラスト素材30体ぐらい手が空いたときに描いておいてきました。


あとの端物は手伝いぐらいかなぁー。
パチ屋パンフとか携帯屋の雑誌とかも局所的にはやったけどあんまりデザインらしいことしてないかも。

途中、アーティストのパンフレットの仕事がきて、例の女性上司がメインで進めてた。
当時はすごいすなぁ。程度だったけど、今思えばあれレベル高すぎた。
パンフレット一冊まるまるデザイン。各メンバーの名前をロゴ化。
写真撮りなおせよ!レベルの半端ない写真加工。
あのパンフ作れっていわれたら今の私でも作れない気がする。思い出補正かしら。



とりあえず序盤はこんな感じかなー。
とにかくいろんなことを覚えて、それを趣味でツクール素材に利用してました。

そんな感じで仕事に趣味にと切磋琢磨してたわけですが
5年ぐらい就いて、まあ会社の業績云々の都合で、
偉い人同士繋がりある他社を紹介されてそっちで働くことになったのです。

その後、地獄が待ち受けてるわけですが。そこは。次回。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。